So-net無料ブログ作成

ASUS ZenFone6 をスペインで発表 [PC・スマホ]

現地時間5月16日にスペイン バレンシアにて、ZenFone6が発表されました。

一応A部部長なんかやってるので取り上げないわけにもいかないでしょって事で(^_^;)


主なスペック(スペインのASUSサイトより)

ZenFone 6 (ZS630KL)
ZenFone6.JPG


SoC
 Qualcomm Snapdragon 855
メモリ
 LPDDR4X 6GB/8GB
ストレージ
 UFS2.1 64GB/128GB/256GB
ディスプレイ
 All-screen NanoEdge Display
 6.4インチFull HD+(2340×1080) IPS液晶、GorillaGlass6
カメラ
 Flip Camera
 メイン:IMX586(48MP) F1.79 26mm
 サブ:13MP 11mm
電池
 5000mAh Quick Charge 4.0
SIM
 nanoSIM×nanoSIM×microSDのトリプルスロット(DSDS対応)
サイズ
 159.1mm×75.44m×9.1mm 
重量
 約190g
カラー
 Twilight Silver(グラデーションカラー)、Midnight Black

詳細なスペックはASUS公式サイトでご確認ください
https://www.asus.com/es/Phone/ZenFone-6-ZS630KL/Tech-Specs/


スペインでの価格は以下の通り(諸税込み)
・6GB/64GB 499ユーロ(約6万1000円)
・6GB/128GB 559ユーロ(約6万9000円)
・6GB/256GB 599ユーロ(約7万4000円)


ZenFone6のポイント
1.ノッチを廃したオールスクリーンナノエッジディスプレイ
2.高画質かつ様々な撮影に対応するフリップカメラ
3.ZenUI6搭載のAndroid9。Android Q、Rへのアップデート保証


ブログ主の感想
 各サイトの情報を見ると、ウリはノッチを廃したフルスクリーンの画面、電動で動作するフリップカメラ、大容量5000mAhのバッテリー搭載等でしょうか。
 フリップカメラに関しては、セルフィーをする人にとってはメインの高性能カメラでセルフィー出来ますし、セルフィーをしない人にとっては無駄フロントカメラがなくなり画面が大きくなると言うメリットがあります。フリップ構造は電動式で耐久性や落下時など予期せぬ状況に対して不安は残りますが、ASUSの耐久試験では1日20~30回動作で約5年の耐久性があるとされ、さらに子供に遊ばせた結果による耐久性試験も行われている模様です。
 カメラの角度が変えられますので、子供や動物の目線に近いローアングル撮影も容易に出来ますね。また、電動で動作するためワイドで写真を撮る際の精度も人の手で動かすよりも高精度になることが期待できます。昨今の高性能スマホではカメラの指標の一つとされている夜間撮影に関してもIMX586センサーの性能もありかなり改善している模様です。
 電池はMaxシリーズと同じように5000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。高性能+電池持ちの両立は素晴らしいですね。

 今までのZenFoneメインラインは、スタンダード・上級機・廉価機の3モデルで展開されることが多かったように記憶していますが、今回はZenFone5シリーズなら5Zに相当する上位機種のみの発表となりました。ASUSのモバイル事業は決して安定した状況ではなく、ラインナップを絞ることが発表されており、それに沿った形での展開となりました。今後は最廉価Live・スタンダードMax・ミッドハイナンバーシリーズ・ハイエンドROGというラインナップになっていくのではないでしょうか。

 日本での発売は未定ですが前向きに検討されているようです(まぁ、普通に発売されると思いますが)。スペインの価格を基準にすれば、ZenFone5Zと同じストレージ構成なら同じような価格である税抜き7万円弱で発売できるのではないでしょうか。Maxシリーズと6の間の価格差が大きいですが、今までのパターンだとZenFone5シリーズが価格改定されそこを埋める形になるのではないかと予想します。

 日本での販売価格に関しては正直なところ設定が難しそうな予感もします。というのも、主要キャリアが夏モデルから分離プランになったことで、端末代の傾向に変化の兆しが見えるからです。例えばドコモ回線を所持していれば、Galaxy S10やP30 Proは9万円ほどで購入できます。分離プランなので割り引き施策こそ皆無ですが、割引施策がないため既存契約内容に左右されずに購入できるとされています(例えばwith契約の回線で機種変更してもwith契約を継続できる、2年契約や○○の料金プランを何ヶ月継続などの縛りは発生し得ない)。今まではキャリア端末がSIMフリー端末と直接的に価格比較されることは少なかったように感じますが、今後はキャリア契約者であればキャリア端末とSIMフリー端末をほぼ同条件で比較できるようになるのではないかと考えられ、その場合は必然的に同価格帯のライバル端末も増えてしまうので、おま国とかやってしまうと完全にそっぽ向かれてしまうかもしれませんね(^_^;)


最後にちょっと残念な点も上げておきますか・・・
1.カメラの光学手ぶれ補正がなし
2.防水防塵なし
3.USB2.1

難癖ですねw 本当に気になるのは1の光学手ぶれ補正なしに関してだけですけど。Felicaなしを残念がる方が多いようですが、日本でのASUS機の販売台数を考えれば日本向けオリジナルカスタマイズはキャリアモデルにでも採用されない限り無理ですよ。


とりあえず日本での発表発売を待つことにします。
タグ:ASUS ZENFone A部
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドコモarrows Be(F-04K) Android Pieが配信開始 [PC・スマホ]

ドコモ夏モデルが発表された裏で、2018年夏モデルのarrows Be(F-04K)にAndroid PieことAndroid 9へのOSバージョンアップが開始されました。

アップデートはFOTAにて配信
*旧バージョンには戻せませんのでご注意ください
*必要に応じデータのバックアップを行ってから作業をすることをオススメします

01.jpg
アップデート内容
1.Android 9へOSバージョンアップ
2.より快適にご利用いただけるよう品質を改善いたします。
3.セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2019年4月になります。)

アップデートの所要時間は約14分とされています

工場出荷状態でソフトウェアダウンロードと更新作業を行いましたが約25分ほどかかりました。


02.jpg
アップデート後のホーム画面
ナビゲーションバーがAndroid 9仕様ではないため目新しさはあまりありません。ナビゲーションバーをAndroid 9仕様に変更することは出来ない模様。

03.jpg
通知バーはデザインがガラッと変わりました。

04.jpg
05.jpg
アップデート直後のストレージ空き容量は画像のような感じ。約10GB使用済みです。


バージョン情報

アップデート前(8.1)
00.jpg

アップデート後(9)
06.jpg


07.jpg
自動回転オフでも任意の場面で画面の縦横を変更できるのは便利です

08.jpg
電源長押しメニューのスクリーンショットって前からありましたっけ???
*スクリーンショットは今まで通りの方法でも撮影できます


アップデート後に少しいじりましたが、今までのAndroid8.1と操作性はあまり変わらない感じです。利用しているアプリケーションがAndroid9に対応しているならアップデートしても問題はないかもしれません。

NTTdocomo - arrows Be F-04Kの製品アップデート情報
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

続 BUFFALO製 PC用スピーカーを買いました [PC・スマホ]

前回に引き続きBUFFALO製のPC用スピーカー BSSP29UBKを購入しました。

型番 BSSP29UBK
価格はAmazonで564円でした。百均で売っているレベルの商品かなぁと思いつつ購入。

先日購入したBSSP28UBKと比較しながら開梱していきます。

02_00.jpg
外箱
先日購入した方も小さい箱でしたがさらに小さい箱です。

02_02.jpg
中身。箱が若干変形していたのが気がかりでしたが、中身は予想以上にスカスカな梱包で商品に問題はありませんでした。

02_03.jpg
価格が価格なので文句はありませんが、質感はかなりチープです

02_04.jpg
サイズはかなりコンパクトです

02_01.jpg
ケーブルはBSSP28UBKに比べ短め

スペックの違い(BSSP29UBK・BSSP28UBK)
 スピーカー:3W・2W
 バフレフポート:なし・あり
 音量調整:コード途中のコントローラー・右スピーカー
 LINE入力端子:なし・あり
 イヤホン端子:なし・あり
 電源LED:なし・あり

02_05.jpg
ディスプレイ下に立てて設置しても、ディスプレイに阻まれて音が籠もることはありませんでした。


感想
 前回購入した28UBK(990円の方)がすべてのスペックにおいて上だろうと思っていましたが、スピーカーユニットの出力は今回購入した29UBK(564円)の方が大きかったです。それ以外は後継モデルであり値段の高い28UBKがすべてにおいて上回っています。

 音を聞いた感じでは、28UBKの方が低音に迫力がある感じはします。しかし、自分の用途である声が聞きやすいという部分においては、低音がスカスカな29UBKの方が聞き取りやすいのも事実です。なお、両製品とも価格や作りなどからお察しの通り、値段相応の商品であり音質に期待して買う物ではありません。

 音量のコントロールが28UBK本体に対し29UBKはケーブル上の音量コネクタになりますが、一度調整した後はPCのボリュームミキサーで調整すれば良いのでどちらでも大差ない感じです。

 ノイズはどちらの製品も大差ない感じです。自分の場合は音量を調整して気にならない程度まで聞こえなくなりました。

 個人的には今回購入した安い方で十分でした(>_<)


メーカー製品情報
BUFFALO - BSSP29UBK



 目障りな青色LEDがなくなっただけで大満足です(*^_^*)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

BUFFALO製のPC用スピーカーとBlu-rayドライブを買いました [PC・スマホ]

00.jpg
題名の通りです。


ここから簡単なレビュー


まずはスピーカーから。
型番 BSSP28UBK
価格はAmazonで990円でした。この価格なら多少ダメでも諦めがつきます。

01.jpg
箱から出した図
付属品は特になしです。ケーブル類はスピーカー直付けです。高さはスマホより5~10cm程度高いです。

このスピーカーの特徴
・コンセント不要のUSB電源タイプ
 USBバスパワーで動作しますので、別途コンセント不要です。USBだけで音を出すことは出来ません。
・スマートフォンでも使用できる
 3.5mmジャック付きのスマホなら直接接続できます。USB電源はスマホ充電器から供給できます。
・迫力の重低音を再生するバスレフ型
 価格相応なので期待していません。
・マイクなどを接続できるLINE入力端子搭載
 別途ケーブルを用意すれば2系統の同時入力が可能です。

02.jpg
直付けのケーブルの長さはスピーカー間が約1m、USB部分と接続部分が約1.2mです。必要十分かなと思います。

03.jpg
3.5mmのイヤホン端子は緑色のカバー部分が太めなので、ケースをつけたスマホでは奥までうまく接続できないことも。

04.jpg
とりあえずPCに接続です。

スピーカーは液晶画面下に横置きしました。

05.jpg
06.jpg
青色LEDがひじょう~に目障りなので、Amazonの段ボールで目隠ししました(*^_^*)

感想
 液晶ディスプレイに付いている背面スピーカーの音がこもり気味で人の声が聞き取りづらいため別途取り付ける為に購入したスピーカーでしたが、結果としてスピーカーが前面を向くことで聞き取りやすくなり目的は達成することが出来ました。
 音質については価格相応ともいえますし、価格を考えれば十二分だとも感じました。音量もそこそこ大きくすることが出来ます。
 各種レビューで指摘されているノイズは確かにありますね。スマホ充電器経由で電源を取ると若干の改善が見られるので、PCからノイズ拾ってるのかなと想像しています。自分はスピーカー側の音量を絞り、PC側の音量を大きめに設定することで気にならないレベルまでノイズを下げることが出来たのでそれで満足することにします。


メーカー製品情報
 BUFFALO - BSSP28UBK



続いてBlu-rayドライブ。
型番 BRXL-PT6U3-BKD
楽天ビックで3月頃に買いました。価格はクーポンなどを利用して8,800円くらいでした。スーパーセールで買ってるんでポイントがついて実質8,000円くらいになるんだと思います(ポイントが何倍だったか記憶にないw)

07.jpg
08.jpg
箱から出した図
付属品はUSB変換(Type-Cと標準USBメス)、説明書一式、ドライバ・ソフトウェアの入ったDVD。

09.jpg
ケーブルはUSBが2系統。側面のUSB3.0対応がデータ通信も行っているケーブルで、底面のUSB(Boostケーブル)は電源供給のみに利用します。私の環境ではDVD・Blu-rayの読み込みだけなら側面のケーブルだけで問題ありませんでした。書き込みは試していないのでわかりませんが、Boostケーブルも接続した方が安定した書き込みが行えるのかもしれません。目安としてはドライブ上面後方にあるLED通知ランプが緑ならOK、赤の場合は電力不足なのでBoostケーブルも接続すれば良いとのことです。

10.jpg
ケーブルは直付けに見えますが取り外し可能です。接続端子はUSB3.0端子ですね。昔GALAXY note3で見たことのある端子で久しぶりに見ました。

11.jpg
ノートPCに接続する場合はあまり問題にならないと思いますが、デスクトップPCに接続するときはUSBケーブルが思いのほか短いので注意が必要です。

12.jpg
ドライブ本体はノートPC等で使われるタイプです。


感想
 自作PCメンテナンス時にDVDドライブが故障しているのに気がついて放置していたのですがなんとなく目にとまったので購入してみました。光学ドライブは年に1度使うか使わないかという程度なので、DVDのみの安い製品でも良かったのですがなんとなくBlu-rayにしてみました。再生ソフトもバージョンが古いですが入っているので接続しただけでBlu-rayを鑑賞することも出来ました。
 もっとも、光学ドライブって読み込みも遅いし、動作時の音がなかなかに五月蠅いので今後も使う機会がそれほど増えるとは思えなかったり。データ用途では、保存は大容量HDDにした方がコスパや利便性が高いですし、データの受け渡しはUSBメモリーの方が楽な上に、頻度がそんなに多いわけではないのでコスト的にもUSBメモリーで十分です。再生は大画面TVにつないだBlu-rayレコーダーで出来るので・・・

メーカー製品情報
 BUFFALO - BRXL-PT6U3-BKD




 GW前半までに注文して到着したのは上の2つ。GW後半に500円台のPC用スピーカーBSSP29UBKとコンデジも購入してしまいました。何やってるんでしょうかw
 今年のGWに前半も後半もないやろって思われる方・・・私は10連休ではありませんでしたの残念!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感