So-net無料ブログ作成

続 BUFFALO製 PC用スピーカーを買いました [PC・スマホ]

前回に引き続きBUFFALO製のPC用スピーカー BSSP29UBKを購入しました。

型番 BSSP29UBK
価格はAmazonで564円でした。百均で売っているレベルの商品かなぁと思いつつ購入。

先日購入したBSSP28UBKと比較しながら開梱していきます。

02_00.jpg
外箱
先日購入した方も小さい箱でしたがさらに小さい箱です。

02_02.jpg
中身。箱が若干変形していたのが気がかりでしたが、中身は予想以上にスカスカな梱包で商品に問題はありませんでした。

02_03.jpg
価格が価格なので文句はありませんが、質感はかなりチープです

02_04.jpg
サイズはかなりコンパクトです

02_01.jpg
ケーブルはBSSP28UBKに比べ短め

スペックの違い(BSSP29UBK・BSSP28UBK)
 スピーカー:3W・2W
 バフレフポート:なし・あり
 音量調整:コード途中のコントローラー・右スピーカー
 LINE入力端子:なし・あり
 イヤホン端子:なし・あり
 電源LED:なし・あり

02_05.jpg
ディスプレイ下に立てて設置しても、ディスプレイに阻まれて音が籠もることはありませんでした。


感想
 前回購入した28UBK(990円の方)がすべてのスペックにおいて上だろうと思っていましたが、スピーカーユニットの出力は今回購入した29UBK(564円)の方が大きかったです。それ以外は後継モデルであり値段の高い28UBKがすべてにおいて上回っています。

 音を聞いた感じでは、28UBKの方が低音に迫力がある感じはします。しかし、自分の用途である声が聞きやすいという部分においては、低音がスカスカな29UBKの方が聞き取りやすいのも事実です。なお、両製品とも価格や作りなどからお察しの通り、値段相応の商品であり音質に期待して買う物ではありません。

 音量のコントロールが28UBK本体に対し29UBKはケーブル上の音量コネクタになりますが、一度調整した後はPCのボリュームミキサーで調整すれば良いのでどちらでも大差ない感じです。

 ノイズはどちらの製品も大差ない感じです。自分の場合は音量を調整して気にならない程度まで聞こえなくなりました。

 個人的には今回購入した安い方で十分でした(>_<)


メーカー製品情報
BUFFALO - BSSP29UBK



 目障りな青色LEDがなくなっただけで大満足です(*^_^*)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

BUFFALO製のPC用スピーカーとBlu-rayドライブを買いました [PC・スマホ]

00.jpg
題名の通りです。


ここから簡単なレビュー


まずはスピーカーから。
型番 BSSP28UBK
価格はAmazonで990円でした。この価格なら多少ダメでも諦めがつきます。

01.jpg
箱から出した図
付属品は特になしです。ケーブル類はスピーカー直付けです。高さはスマホより5~10cm程度高いです。

このスピーカーの特徴
・コンセント不要のUSB電源タイプ
 USBバスパワーで動作しますので、別途コンセント不要です。USBだけで音を出すことは出来ません。
・スマートフォンでも使用できる
 3.5mmジャック付きのスマホなら直接接続できます。USB電源はスマホ充電器から供給できます。
・迫力の重低音を再生するバスレフ型
 価格相応なので期待していません。
・マイクなどを接続できるLINE入力端子搭載
 別途ケーブルを用意すれば2系統の同時入力が可能です。

02.jpg
直付けのケーブルの長さはスピーカー間が約1m、USB部分と接続部分が約1.2mです。必要十分かなと思います。

03.jpg
3.5mmのイヤホン端子は緑色のカバー部分が太めなので、ケースをつけたスマホでは奥までうまく接続できないことも。

04.jpg
とりあえずPCに接続です。

スピーカーは液晶画面下に横置きしました。

05.jpg
06.jpg
青色LEDがひじょう~に目障りなので、Amazonの段ボールで目隠ししました(*^_^*)

感想
 液晶ディスプレイに付いている背面スピーカーの音がこもり気味で人の声が聞き取りづらいため別途取り付ける為に購入したスピーカーでしたが、結果としてスピーカーが前面を向くことで聞き取りやすくなり目的は達成することが出来ました。
 音質については価格相応ともいえますし、価格を考えれば十二分だとも感じました。音量もそこそこ大きくすることが出来ます。
 各種レビューで指摘されているノイズは確かにありますね。スマホ充電器経由で電源を取ると若干の改善が見られるので、PCからノイズ拾ってるのかなと想像しています。自分はスピーカー側の音量を絞り、PC側の音量を大きめに設定することで気にならないレベルまでノイズを下げることが出来たのでそれで満足することにします。


メーカー製品情報
 BUFFALO - BSSP28UBK



続いてBlu-rayドライブ。
型番 BRXL-PT6U3-BKD
楽天ビックで3月頃に買いました。価格はクーポンなどを利用して8,800円くらいでした。スーパーセールで買ってるんでポイントがついて実質8,000円くらいになるんだと思います(ポイントが何倍だったか記憶にないw)

07.jpg
08.jpg
箱から出した図
付属品はUSB変換(Type-Cと標準USBメス)、説明書一式、ドライバ・ソフトウェアの入ったDVD。

09.jpg
ケーブルはUSBが2系統。側面のUSB3.0対応がデータ通信も行っているケーブルで、底面のUSB(Boostケーブル)は電源供給のみに利用します。私の環境ではDVD・Blu-rayの読み込みだけなら側面のケーブルだけで問題ありませんでした。書き込みは試していないのでわかりませんが、Boostケーブルも接続した方が安定した書き込みが行えるのかもしれません。目安としてはドライブ上面後方にあるLED通知ランプが緑ならOK、赤の場合は電力不足なのでBoostケーブルも接続すれば良いとのことです。

10.jpg
ケーブルは直付けに見えますが取り外し可能です。接続端子はUSB3.0端子ですね。昔GALAXY note3で見たことのある端子で久しぶりに見ました。

11.jpg
ノートPCに接続する場合はあまり問題にならないと思いますが、デスクトップPCに接続するときはUSBケーブルが思いのほか短いので注意が必要です。

12.jpg
ドライブ本体はノートPC等で使われるタイプです。


感想
 自作PCメンテナンス時にDVDドライブが故障しているのに気がついて放置していたのですがなんとなく目にとまったので購入してみました。光学ドライブは年に1度使うか使わないかという程度なので、DVDのみの安い製品でも良かったのですがなんとなくBlu-rayにしてみました。再生ソフトもバージョンが古いですが入っているので接続しただけでBlu-rayを鑑賞することも出来ました。
 もっとも、光学ドライブって読み込みも遅いし、動作時の音がなかなかに五月蠅いので今後も使う機会がそれほど増えるとは思えなかったり。データ用途では、保存は大容量HDDにした方がコスパや利便性が高いですし、データの受け渡しはUSBメモリーの方が楽な上に、頻度がそんなに多いわけではないのでコスト的にもUSBメモリーで十分です。再生は大画面TVにつないだBlu-rayレコーダーで出来るので・・・

メーカー製品情報
 BUFFALO - BRXL-PT6U3-BKD




 GW前半までに注文して到着したのは上の2つ。GW後半に500円台のPC用スピーカーBSSP29UBKとコンデジも購入してしまいました。何やってるんでしょうかw
 今年のGWに前半も後半もないやろって思われる方・・・私は10連休ではありませんでしたの残念!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感